LISKUL DL | LISKUL資料ダウンロードサイト 資料ダウンロードサイト
LISKUL

はじめてのデータ連携 – データ活用成功のカギ –

提供元:アステリア株式会社

データ連携って何?
“データ連携”という言葉を聞いたことがありますか?
売上データ、顧客データ、人事データなど、企業は数多くのデータを扱っています。それらのデータは、データベース、クラウドサービス、ファイルなど、用途に合わせてさまざまな場所で管理・保管されています。異なる保管場所にあるデータを組み合わせて有効活用するために必要なのが“データ連携”です。
つまり、データ連携とはシステムやアプリケーションの垣根を越えて、データを共有・活用することを指します。身近な例では、Excelファイルのデータを別のExcelファイルにコピー&ペーストすることもデータ連携の1つと言えるでしょう。また、Aシステムからファイルをエクスポートして、Bシステムの形式に合わせてデータの変換・加工を行った上でインポートする、といった作業もよく行われているのではないでしょうか。

※携帯電話推奨

個人情報の取り扱いについては、利用規約プライバシーポリシーをご覧ください

【目次】
1.“データ連携”って何?
 ・データ連携は必要?
2.データ連携ツールとは
 ・スクラッチ開発との違い
 ・選定ポイント
3.『ASTERIA Warp』とは
 Point01:豊富な連携先
 Point02:ノーコードで連携
 Point03:運用・保守も簡単
 Point04:豊富な導入実績
  【活用例】
  ・データ連携基盤
  ・業務自動化
  ・データ活用、DX
 Point05:選べる4つのラインアップ