LISKUL DL | LISKUL資料ダウンロードサイト 資料ダウンロードサイト
LISKUL

他人事ではない!すべての国内企業が実現しなければない「日本型DX(デジタルトランスフォーメーション)」

提供元:株式会社FCEプロセス&テクノロジー

昨今、ビジネスの世界で「デジタルトランスフォーメーション(DX)」がトレンドワードとなっています。
国内においても国主導でDXが推進されており、経済産業省が2018年5月に「デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会」を設置したほか、9月には「DXレポート〜ITシステム『2025年の崖』の克服とDXの本格的な展開〜」、12月には「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」をそれぞれ公表しています。
一方で、「DXといっても一部の大企業だけに関係すること。うちの会社には関係ないだろう」と他人事として捉えている方も多いのではないでしょうか?あるいは、「DXの定義はなんとなく理解しているけれど、具体的に何をすれば良いのかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。
そこで本資料では、
「なぜ国内企業がDXを実現しなければならないのか」
「国内企業に求められているDXとは何なのか」について詳しく解説していきます。

<こんな方におすすめ>
・社内のエンジニア人口が減って、DX(デジタルトランスフォーメーション)が進んでいない。
・業務プロセスを変革したいが、何からしていいかわからない。

<目次>
◆なぜすべての国内企業がDXを実現しなければならないのか?
◆国内企業のDX実現を阻む2つの事情
◆すべての国内企業が実現すべき「日本型DX」とは?
◆「日本型DX」を実現した国内企業の事例

…など
ご興味がございましたら、下記よりダウンロードください!

※携帯電話推奨

個人情報の取り扱いについては、利用規約プライバシーポリシーをご覧ください